なぐりがき

Salesforce勉強ログ



Salesforce:Summer'16 新しいオブジェクト

支持するも支持しないとかではなくて
小池さんの話を聞くと組織とはってことを考えるいい機会になるので、興味深いです。(作文)

台風もくるみたいですね。






新しいオブジェクト

https://releasenotes.docs.salesforce.com/ja-jp/summer16/release-notes/rn_api_objects_new.htm

AccountContactRelation
取引先責任者と 1 つ以上の取引先との間のリレーションを表します。

ApexTestResultLimits
特定のテストメソッドの実行に使用される Apex テスト制限を取得します。このオブジェクトのインスタンスは、各 ApexTestResult オブジェクトに関連付けられます。

ApexTestRunResult
特定の Apex ジョブで実行されたすべてのテストメソッドに関する概要情報が含まれています。

BackgroundOperationResult
Bulk API を使用して BigObject にデータをインポートしたときに生成されたエラーメッセージが保存されます。

DataAssessmentFieldMetric
組織の取引先レコードを Data.com のレコードと比較した場合に一致する項目、空白の項目、および異なる項目の概要統計を表します。

DataAssessmentMetric
取引先レコードで Data.com の取引先レコードと一致する項目と一致しない項目の概要統計を表します。

DataAssessmentValueMetric
取引先レコードで Data.com の取引先レコードと一致する項目の数を集計します。

EmailMessageRelation
EmailMessage と 1 つ以上のレコード (取引先責任者、リード、ユーザ、個人取引先など) との間のリレーションを表します。このオブジェクトは、拡張メールが有効になっている組織 (デフォルト) またはメール-to-ケースを使用する組織で使用できます。詳細は、「拡張メール: メールを使用したビジネスプロセスの促進およびメールの直観的な表示」を参照してください。

EntityMilestone
レコードのマイルストン (顧客サポートプロセスの必要なステップ) を表します。Summer '16 では、オブジェクトマイルストンが作業指示でのみサポートされます。

LinkedArticle
レコードに添付されているナレッジ記事を表します。Summer '16 では、リンクされた記事は作業指示と作業指示品目にのみ添付できます。

LinkedArticleFeed
リンクされたナレッジ記事に関する単一のフィード項目を表します。

LinkedArticleHistory
リンクされたナレッジ記事の追跡項目に対する変更履歴を表します。

PresenceConfigDeclineReason
プレゼンスユーザが作業を拒否するときに指定する拒否理由の設定を表します。

PresenceDeclineReason
エージェントが作業要求を拒否するときに選択できるオムニチャネルの拒否理由を表します。

SessionPermSetActivation
(セッションベースの権限セットは現在、開発者プレビューとして利用できます)。

SessionPermSetActivation オブジェクトは、個々のユーザセッション中に有効化された権限セット割り当てを表します。SessionPermSetActivation オブジェクトが権限セットに挿入されると、有効化イベントが起動され、権限設定をユーザ固有のセッションに適用できるようになります。

TwoFactorMethodsInfo
ユーザが登録した ID 検証方法に関する情報が保存されます。
TwoFactorTempCode
ユーザの仮の ID 確認コードに関する情報が保存されます。

EmailMessage周りはおさえておきたいです。
Permissionset関連は早く更新できるようにならないかなぁと願っておきます!